美白成分 種類



シミに効果的な美容液ランキング



トップページ » シミに効く美容液 » シミ消しに効果的な成分(美白有効成分)

シミ消しに効果的な成分(美白有効成分)

美白をするのであれば、成分に注目です。

シミの原因となってしまうメラニンの過剰生成を防ぎ、出来てしまったメラニンを肌の外へ排出するために有効な成分が配合された美白化粧品。
こうした化粧品に配合される美白成分にはたくさんの種類があります。

配合されている成分によって得られる効果が変わってきますから、次のステップとして、美白有効成分に注目してみてください。

美白有効成分一覧

厚生労働省認可の美白成分についてまとめてみました。
(よく目にする美白成分を掲載しています)

●厚生労働省認可の美白成分

  • アルブチン

    メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える効果があります。
    メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを防ぎます。

    1989年に厚生労働省に認可されて以来、多くの化粧品に使用されている美白有効成分です。

  • エラグ酸

    メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える効果があります。

  • ルシノール

    メラニンの合成を阻害し、シミを改善・予防する成分です。

  • ビタミンC誘導体

    メラニンが生成されるプロセスを阻害し、紫外線で増える活性酸素を消去。

  • プラセンタエキス

    メラニン生成を抑制する作用があります。
    肌の新陳代謝を高め、メラニン色素の排出を促す働きも。

  • カモミラET

    情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニン色素を作るメラノサイトが増殖・活性化するのを防ぎます。

  • リノール酸S

    サフラワー油などの植物油から抽出される脂肪酸。
    チロシナーゼ酵素そのものを分解して減少させる働きを持つ成分です。

  • マグノリグナン

    チロシナーゼ酵素の働きを抑制、メラニンの生成を抑える働きがある成分です。
    肝斑に効果的ということです。

  • t-AMCHA(トラネキサム酸)

    医薬品の抗炎症剤として知られる成分です。
    炎症を抑制し美白効果を高め、シミだけでなくニキビび跡の色素沈着などに非常に効果的だとされる成分です。

●その他の美白成分

その他の美白成分として、

  • 甘草エキス(グラブリジン)

    チロシナーゼの働きを抑制、メラニンが黒色化することを予防してくれます。

  • ハイドロキノン(新安定型ハイドロキノン)

    従来、ハイドロキノンは酸素や光に対して不安定。それを安定させてより効果を引き出しやすくしたのが新安定型ハイドロキノンです。

    高い美白効果(還元作用)が得られることから、今あるシミ対策化粧品、美白美容液でも使用が増えてきています。

  • アスタキサンチン

    強い抗酸化力を持つ成分です。
    アスタキサンチン配合化粧品では、アスタリフトは有名ですよね。

    シミの原因であるメラニンの生成を抑制する美白作用があります。

などがあります。

シミを内側から治す!おすすめのシミ医薬品
配合成分から選ぶ!シミに効果的なおすすめ美白美容液
シミ対策だけでいいの?美白ケアと同時にハリ肌ケアを
敏感肌だけど美白ケアがしたい!低刺激美白美容液
ニキビ肌のための美白化粧品
出来てしまったシミに使いたいハイドロキノン配合美白美容液