シミが出来る原因



シミに効果的な美容液ランキング



トップページ » シミに効く美容液 » シミの種類と原因

シミの種類と原因

シミ対策をするにしても、シミの種類・原因に合わせて対策をすることが必要となります。

せっかく高価な美白美容液を使っても、シミの種類によっては効果の無い場合もあります。

それにシミが出来る原因を知っておくことは、今後シミを増やさないためにも、濃くしないためにも重要な事ですよね。

まずはシミの原因から見ていきましょう。

シミの原因

シミが出来る原因をまとめてみましょう。

シミは紫外線を浴びることによってメラノサイトという色素細胞が活性化しメラニンという色素が生成され、メラニンが沈着してしまう事によって出てしまいます。

メラニン色素自体は悪いものではなくて、私たちの身体を紫外線から守る役割を果たす大切なもの。

メラニン色素がもし無ければ、皮膚ガンなどのリスクが非常に高まってしまうということです。

ですから、とても大切な防衛物質といえますね。

問題なのは、生成されたメラニンが排出されずに皮膚に残ってしまうこと。

本来は肌のターンオーバーによって角質と共に排出されるんですね。

しかし、ターンオーバーが乱れていたりすると、上手くメラニンが排出されません。

結果として、シミとして出てしまう可能性が高くなります。

他、シミが出来てしまう原因としては、

  • 加齢
  • 肌の乾燥
  • タバコによるビタミンCの破壊
  • タオルなどによる摩擦
  • ニキビ跡
  • 肝臓機能の低下
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

といった事が原因となる場合もあります。

複合的に原因が合わさることも考えられますね。

摩擦によってシミが出来る事もある、というのは知らなかった方も多いのではないでしょうか。

スポーツ後にナイロンタオルなどを使って汗をゴシゴシしたりしている方は、要注意かもしれません。

シミの種類

ここでは全てのシミの種類の中でも、よく見るシミのタイプに分けて確認したいと思います。

・日光黒子(にっこうこくし)

シミの多くが、この日光黒子となります。主に紫外線が原因のシミとなります。

・雀卵斑(じゃくらんはん)

ソバカスです。遺伝が主な原因だそうで、除去してもまた出てきてしまうこともあるそうです。
紫外線による刺激で増えたり色が濃くなったりすることもあるという事ですから、日焼け止めを忘れず、紫外線ブロックをする事が大切です。

・炎症後色素沈着

ニキビ、やけど、化粧品かぶれ、といった肌の炎症が治った後に、後になってしまうタイプのシミです。
時間と共に薄くなるのですが、ニキビ跡の色素沈着などは数年かかる事もあります。
このタイプには美白化粧品が効果的と言われます。

・肝斑

女性の顔に多く生じるシミです。特徴は、左右対称に出来る事。
30代~40代の女性に多いそうです。閉経とともに消えるので、ホルモンバランスが原因だと言われています。

以上、4種類のシミについてまとめてみました。

ちなみに、シミを長年放置しておくとイボ状になって「脂漏性角化症」になってしまう事もあります。

シミ対策にも重要な「紫外線対策」

しみを作らない、濃くしないためには普段からの紫外線対策が重要です。

季節によって降り注ぐ紫外線量には差がありますが、1年中紫外線は降り注いでいます。夏はもちろん紫外線量は多いです。白斑などが出てしまう方は、特に注意が必要です。

日焼け止めクリームや帽子、手袋など、紫外線対策はしっかりと行ってください。

夏と冬の紫外線量の差は約3倍くらいあります。

1日の中では紫外線量が多いのは、12時(正午)となります。冬は11時だそうです。

大体この時間帯に外に出る場合には、PA値の高い日焼け止めなどを選ぶと良いかもしれませんね。

またハイドロキノンを使用している方も紫外線には要注意ですね。

ハイドロキノンを使用中の時は、紫外線によるダメージが大きくなってしまいます。

その理由は、紫外線による肌細胞へのダメージを防いでくれるメラニンの働きをハイドロキノンが抑えてしまうからだそうです。

ですから、いつも以上に紫外線には気をつけた方が良いといえるでしょう。

とはいっても、必要以上に気にしなくても日焼け止めクリームをしっかりと塗っていれば大丈夫だということですから安心して頂きたいと思います。

シミを内側から治す!おすすめのシミ医薬品
配合成分から選ぶ!シミに効果的なおすすめ美白美容液
シミ対策だけでいいの?美白ケアと同時にハリ肌ケアを
敏感肌だけど美白ケアがしたい!低刺激美白美容液
ニキビ肌のための美白化粧品
出来てしまったシミに使いたいハイドロキノン配合美白美容液